ブログの文章力を上げるために、図書館から借りて「強い文章力」養成講座を読みました…。の巻

まるビ

おはこんばんちは。熱盛りでございます。

ブログの更新も不定期ですが、できるだけ楽しんで読んでもらうため

文章力の向上が必要かと思い、最近はそれに関係した本を読んでおります。

ただ、一度本を読んでしまうと読み返す事はほとんどないので

忘備録として内容をブログに残すことにしました。

返却時期も過ぎている(ヤバ!)ので、急いで書き上げまっする。

秋田県立図書館のラベルがアァァァ

読むだけであなたの仕事が変わる「強い文章力」とは

正しい文章で読者に伝わっても人が動かなければ残念な「弱い文章」であり、相手を揺さぶり動かすことができるのが「強い文章」であるとのこと。

そのためには

自分ごととして捉えてもらうために、「何を、どのように伝えるか」を考える事。

「伝えるべき事」は3種類

伝えるべき事は

①ファクト(FACT) … 伝えたいポイント(事実)

②メリット(MERIT)… ファクトから得られる「一般的に良い事」

③ベネフィット(BENEFIT)… ファクトから得られる「受け手のハッピー」

ベネフィットのコツは、受け手になりきって気持ち「本音」を考える。

人を動かす「強い文章力」の基本は「自分と関係がある」と思ってもらう事

どんなに素晴らしい文章でも、自分に関係ない情報はスルーされる

「何を伝えるか」を間違えると何の効果も無い。

心を掴むために、タイトル、キャッチコピーなどワンフレーズで表現する。

見出し、タイトルの基本

①パンチのある強い言葉を使う

②相手の心に無理矢理にでも「興味」を作り出す

③思わず口にしてしまうリズムや語呂を意識する

1 強い言葉を作る3つのポイント

①抽象的な常套句を避ける

②言葉の組み合わせを考える

③圧縮して言い切る

2 相手の心に興味をつくりだす3つのポイント

①「そう言われてみればなぜ?」という疑問を投げかける

②重要な情報を隠す

③常識とは逆のことを言う

3 思わず口にしてしまうリズムや語呂を意識する  4つのポイント

①3つたたみかける

②韻を踏む

③対句

④有名なコピーや流行り言葉をもじる

人の心をつかむ文章5つの型

①ターゲットをぐっと絞って呼びかける

②問いかけて心の中で答えさせる

③びしっと言い切る

④具体的な数字を魅力的に入れる

⑤心の底から真剣にお願いする

ターゲットの絞り方

①性別

②年齢

③職業

④居住地

⑤所属先

⑥所有物

⑦身体的特徴

「自分ごと」にさせる4つのポイント

①読み手にも考えさせる問いかけ

②誰もがついつい「はい」と答えたくなる問いかけ

③仮定しての問いかけ

④親身になって語りかける問いかけ

知っておきたい アリストテレスの説得3原則

①ロゴス=論理 …理論だててロジカルに相手を説得すること

②パトス=情熱 …熱く語って熱意で相手を説得すること

③エトス=信頼 …信頼してもらうことで相手を説得すること

言葉は、中身や内容よりも、誰が言ったかの方が大切

ストーリーを意識する

ストーリーの肝は「人」である

物に「人」をプラスする

現在と落差のある過去を語る

ストーリーの黄金律とは

①何かが欠落してる、または欠落させられた主人公が、

②遠く険しい目標やゴールに向かって

③数多くの葛藤、障害、敵対するものを乗り越えていく

まとめ

このブログは箇条書きでわかりにくいかと思いますが

本を読むと具体的な事例が多数書いてあるため、腹落ちします。

著者の川上徹也氏は、コピーライターであり湘南ストーリーブランディング研究所代表

「ビジネス文章は、自分の視点ではなく、相手の視点になって書こう」
と説いております。

最後に、「本は明日返却します」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました