全米が激震!まるでホラー映画wwと酷評された『キャッツ』を観ちゃった…。の巻

未分類

おはこんばんちわ。熱盛っ!でございます。

今回は、先日観た映画『キャッツ』について書きたいと思います。

ビジネス云々というブログの当初ポリシーとはかけ離れ、もはや雑記ブログになりつつありますが

いーんです。「読みたいことを、書けばいい」

なぜ、映画『キャッツ』を観たのか

で、「キャッツ」ですが、ご存知の通り劇団四季の公演をはじめ世界的に大ヒットを記録しているミュージカルの金字塔です。
「スターウォーズ」を観たときにこの「キャッツ」の予告編が流れ、ネコ人間が踊るという「YOUはSHOCK!」なヴィジュアルをはじめ、画面からは微妙な感じがプンプン漂ってました。
ただ、ボンズがどこに琴線触れたのかわからないけれど「観たい」と一言。
ボンズがそういうなら面白いかも知れない…、という希望を抱きつつ家族で映画館へ。
まぁ私はこのミュージカルっていうのがこっ恥ずしく苦手でして、観劇経験はほとんどありません。なのでストーリーなども全くわからず、新鮮な気持ちで映画を観ました。

あえての?吹替版

通常、ミュージカルであればキャストの魅力を感じるために字幕がベストだと思います。特に「キャッツ」は唯一『メモリー』は知っていたので、あれをどう聴かせるかな?程度の期待はあったのですが、やはりボンズに合わせて吹替版をチョイスしました。
ストーリーはざっくり言うと、年に1度のネコ舞踏会で選ばれた一匹だけがネコ人生をやり直せる…。というもので、個性あふれるネコを歌やダンスで紹介していくのが中心。
また、劇中はネコばかりじゃなくネズミ人間やゴキブリ人間も登場。そのゴキちゃんを食いしん坊のネコ人間が生でパクっと食べるシーンが「ホラー映画」と言われる一因らしいww。
物語は有って無いようなもの、あくまで歌とダンスを楽しむものという評価が多いデスね。

で、吹替版はどうだったのか?

さて吹替版。全く予備知識無しのため、何となく主人公ヴィクトリア葵わかなかな?というのは感じましたが、他のキャストは最後に字幕を見て確認しました。
その中でも、圧倒的な存在感だったのが悪役ネコ・マキャヴィティを演じた山寺宏一。流石ベテランですね〜。
あと『メモリー』を歌った、高橋あず美は声量がスゴイですね。ラストのラストまでは感情を抑えて歌い、最後に感情を爆発させたという感じ。

そのほか、ロバートの秋山、Offcial髭男dismの人、大竹しのぶ、宝田明とかの声優キャストも全く分からず。テイラー・スイフトが出演していたのも、最後に字幕で知りましたww。

映画「キャッツ」の意義とは?

個人的には、ミュージカルや舞台は生身の人間がここまでやる!みたいなところが感動できるツボだと思うのですが、映像にしてしまうと色々と加工ができてしまう(実際にはしていないとしても)ので、映画だとその感動が薄まってしまうかなぁと言う感じ。
ただボンズはミュージカルが好きらしく「面白かった」と。
(そういえば「アナ雪」何回も観てたし、「アラジン」も観たいと言ってたなぁ)
この次は、アニメやCGバリバリ使った「キャッツ」も面白いかもね。

映画評論家がうまいこと言う

何となく、観た後の感想がモヤモヤしていたので、ネットで「キャッツ」の評価を確認。アメリカの映画評論はまさしく酷評の嵐!
ちなみに、その中で一番笑ったのがコレです。

“劇中で「何が幸せなのかを思い出した」と歌っていたが、あなたは映画館の出口の光を見たときにも同じことを思い出すだろう”-ロサンゼルス・タイムズ

大喜利の座布団2〜3枚はイケるレベルですね。

グラミー賞の衝撃!

確かに、映画評論家の言いたいことも分かる。

しかしである。今年のグラミー賞で女性初主要4部門を受賞したビリー・アイリッシュ。
この「bad guy」を聴いたときには、こんなボソボソと歌うのが評価されるのか!と、それはそれで衝撃を受けた。もちろんメッセージ性とか色々あるか分からないけど…。
ジェニファー・ハドソンが劇中で歌った「キャッツ」は作品が酷評され、「ビリー・アイリッシュ」は絶賛。
作品の違いはあれど、まぁ人の評価なんてそれぞれだなと、改めて感じたのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました