新型コロナウィルス騒動の中、ウーマンラッシュアワー村本の独演会に行ってきました…。の巻

未分類

おはこんばんちは。熱盛っでございます。

新型コロナウィルス騒動でイベント自粛が相次いでいる中

秋田で行われたウーマンラッシュアワー村本の独演会について書きます。

「THE MANZAI」で感じた、中川パラダイスの凄み!

そもそもワタシ、「ウーマンラッシュアワー」は好きでも嫌いでもありませんでした。

なぜなら、良くも悪くも舌鋒鋭い村本のみが注目を浴びており

政治ネタ、原発ネタも辞さないそのスタイルのため、放送局の忖度もありお笑い番組で見ることも少なくなっていたので、あまり気にしなかったというのが本音です。

しかし昨年末の「THE MANZAI」で、約1年ぶりに見た「ウーマンラッシュアワー」の漫才に
ある意味衝撃を受けました。

社会風刺ネタを中心に、村本が早口でまくしたてるというスタイルはそのままでしたが

今回は、今までにも増して相方の中川パラダイスがほぼ何も喋らない!

「漫才じゃ無い」、「中川パラダイス必要ない」とかの批判はあったとのことですが

逆にスゲーな!

中川パラダイスは、喋らないことを承知の上で

村本の喋りたいことを時間いっぱい使わせて

お互いの役割を徹底していました

捉えようによっては

中川パラダイスの手のひらの中で、村本が転がされてる…ようにも感じられます。

昭和プロレスに例えるなら、村本は世間に対しゲリラ的に攻撃的な仕掛けを展開する
アントニオ猪木

そして中川パラダイスは、自分を中心にして相手をコントロールしながら試合を展開していく
ジャイアント馬場

でしょうか?

「THE MANZAI」終了後に

妙に気になり、中川パラダイスをググりましたが

不倫を公言するなど、プライベート含め結構なクズ野郎として晒されているようでした

いやぁ、ワタシも妄想がすぎましたかね〜〜。www

大町サンパティオのバーポルトでウーマン村本が公演

大町サンパティオ内にある、会場となったミュージックバー ポルト。(写真は食べログより)

そして、Twitterで

3月14日ウーマン村本の独演会

秋田市大町バーポルトで行われる事を知り、行ってきました。

新型コロナウィルスの事もあり、イベント自体中止の懸念もありましたが

ワタシの中では「恐らく村本ならやるだろう」という確信がありました。

当日、少し遅れて入場したワタシ

会場は50人限定。

事前に50席中49席が埋まったと告知がありました。

通常どの公演も満席になるほどの人気らしいですが

新型コロナの影響なのか、実際の入りは8割ほどでした。

既に舞台でトークをしていた村本は

「この時期に俺に会いに来る人はイカれてる(笑)」と。

当日椅子に置いてあった注意書きです

ワインを片手に村本がフリートーク

公演時間は午後7時から午後7時45分まで

ワインを片手に

彼がニューヨークに行った時のコロナネタをはじめ

人種、思想、時事など多彩なネタで考えさせ、笑わせてくれました。

そして来年のアメリカ進出に関しては不安も口にしていましたが

相方の中川パラダイスは結婚しているので一人で行く

なんだかんだ、いいコンビだと言ってました。

ただ、変な性癖はあるとのこと(ネタです笑)。

興が乗ってきたのか、公演時間を20分以上延長して喋りまくっていましたが

時間の関係で、ワタシはラスト近くに席を立ってしまいました…。

ウーマンラッシュアワー村本という男

ウーマン村本は扱うネタ、歯に衣着せぬマシンガントークで

ネットで叩かれるなど負のイメージもあるでしょうけど

実際に生で公演を見て、決してタブーをネタにしているだけではなく

素直に世の中のおかしいと感じた事に対し、自分なりの意見を笑いに昇華して伝えるという

真っ直ぐな姿勢は、ひしひしと感じました。

映画の舞台を見に海外に行く人、そして自身が渡米してハプニングに見舞われたことを引き合いに

「他人の物語ではなく、自分の物語を見よう」とも。

彼自身、それを貫いているのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました